メンタル整体

うつ病に対する想い

自分が3度もうつ病を経験して感じたのが、きっと私以外にも多くのかたがうつ病で悩んで苦しんでいるとおもいます。

そのかたを自分の経験を活かして救いたいという気持ちが強くなりました。

うつ病は症状がさまざまで、なった人しか分かりません。

そして治すためには家族に理解してもらって支援してもらうことと、

心療内科での治療、睡眠、食事、運動、規則正しい生活、

そして大事なのが意識を内側から外側に向けことだと私はおもっています。


私の場合は1回目のうつ病のときは意識を外に向けるために、ボクシングを習い、

2回目の時はサーフィンを始め、

3回目の時は愛犬と毎朝散歩をしていました。

その時は気分も良くなり、精神が安定するのですが、何も考えていないときや、仕事に行く前と終わったあと、

休みの時は意識が内側に向いてしまい、何もやる気が起きず寝てばかりいました。

以前はきっとうつ病患者が今ほど少なかったと思います。なぜなら心療内科が急激にふえたからです。

きっと時代が変わって、環境が変化し、ストレス社会が「うつ病」を引き起こしていると私はおもっています。現代病といっても過言ではないとおもいます。

当院の患者さんでもうつ病になっているかたが年々ふえています。

病院へいってもクスリを処方されるだけで、根本的に改善しないかたや、クスリがあわず悪化したり、漢方に変えている方が目立ちます。

そんな方々をどうにしかして、救えないかとおもい、「うつ病疲労回復専門整体」を考案しました。

カウンセリングも取り入れながら少しでも気分がよくなるように日々勉強しながら、患者さんと真剣に向きあって接しています。

今後もますます「うつ病」患者が増えることは間違いないとおもいます。

私がやりたいことはうつ病を治すことではなく、うつ病からくる疲労を回復することです。

不安や怒り、悲しみからくる苦しみを親身になってきいてあげ、閉じた心を解放させてあげることです。