メンタル整体

TOP > うつの状態

うつの状態

うつの状態は私の経験から


「何もする気がしない」「やる気が全く起きない」

「ずーっと寝ていたい」


という状態でした。

でも、最初は

「なんでこんな気持ちになるの?」

って原因が全く分かりませんでした。



「ちょっと疲れているのかな?」「仕事が忙しいかな?」

「なんとなく気分がすぐれないだけかな」



という程度だとおもっていました。

でも、これがうつになるきっかけだったんですね。


ほかにも、

「いつも不安である」、「自己嫌悪感がある」、

「どんなことも興味・関心がわかない」、

「めんどくさい」、「何をやってもおっくうである」

「すぐに疲れる」

など、いろんな状態があると思います。


私は最初、このような状態が出ていても

「絶対にうつではない」

と否定し、受け入れなかったですし、

薬を出すだけの病院の先生にも不信感をもっていました。


でもある時からうつではないかと感じはじめました。

それは感情を抑えることができず、

自分で自分をコントロールできなく

なったときでした。


普段は怒らない私も家族に対して

暴言をはいてしまったり、わけの分からない

行動をしていました。


ネガティブな発言、例えば「死にたい」と

何度も言ってみたり、間違いなく調子の

良い時の自分と全く違っていました。

今おもうと、家族に対して本当に

申し訳ないことをしたとおもっています。


うつになってしまうと長期化して

しまうことが多いとおもうので、

その前に気づくことが大切だとおもいます。


私の経験から

「なんとなくだるい・疲れる」「眠れない」「食欲がない」

という3要素がある方はうたがったほうが

いいかとおもいます。


病院でみてもらっても「異常」なしと

言われるかもしれません。

ですが自分の言動を観察したり、家族の意見を

素直に聞くことがいちばん重要だとおもいます。


日記をつけておくのも過去の自分と

比較できるのでいいかもしれませんね。